DSCN0555.JPG

IMPRO Machine ご挨拶

「学ぶことそれ自体を楽しいものに」

「IMPRO Machine」はインプロ(即興演劇)を探究する場です。

2018年の夏に、とある国立大学のとある展示室で「インプロをもっと学びたい」と、集まったのがきっかけでした。

「IMPRO Machine」は誰よりも私たちにとって必要な場です。

私たちの内の誰もが「インプロ」を探究している学習者だからです。

このような「大人の学習者」は時に赤ん坊よりも傷つきやすく、壊れやすいものです。

そのため、私たちにとってこの場が「楽しく」「無理がない」ということが非常に重要です。

​同時に、この「楽しさ」と「無理のなさ」こそがインプロを学ぶ上でも重要な要素であると考えています。

それは私たち自身がまるで「学びの自動運転」を駆動させているかのように「楽しく」そして「無理なく」インプロを学んできたからです。

そのため、私たちが「インプロする」この場も、この自動性に満ち溢れればと思いながら活動を続けて参ります。

                                   「IMPRO Machine」ほりこーき